ほし動物病院 HOSHI Veterinary hospital
犬の美容室プチ
電話番号 0133-72-1172
診療案内 予防接種等 手術・歯石除去 健康相談 各種料金 ごあいさつ アクセス トップページ
診療時間のご案内
アクセスマップ
予防接種・フィラリアについて

人のインフルエンザと同様に、ペット(犬・猫)にもさまざまな伝染病があります。近年の獣医学の発達により、特に死亡率の高い伝染病については、病気を予防する注射、ワクチンの開発が進みました。
その結果、これらの病気の発生率は、少なくなりました。
しかし、今でもこれらの病気で亡くなる子は後をたたないのが現状です。この原因はワクチン接種をしていないためです。

ペットは、あなたの大切な家族の一員です。
病気になってから『治療』するのではなく、病気にならないように『予防』してあげることは、とても大切です。
あなたと大切なペットの幸せな暮らしのためにお手伝いをさせていただきます。


子犬、子猫を家族として迎えたときは、お早めにご相談ください。



■予防接種
犬の場合、混合ワクチンは6週令以上になってから3~4週間隔で2回接種して、翌年からは年1回追加接種します。
狂犬病予防注射は、3ヶ月令以上で年1回の注射が法律で義務付けられています。
■フィラリア予防
フィラリア症(糸状虫症)は、蚊によって媒介される寄生虫症です。慢性心不全をひき起こし、
最悪の場合死に至るこわい病気です。
蚊の活動開始1ヶ月後から、活動終了1ヶ月後まで予防薬を投与することで予防する事ができます。
北海道では、6月から11月まで月1回投与することが必要です。
当院では、喜んで食べてもらえるタイプの予防薬(カルドメックチュアブル)を用意しております。
犬用ワクチン詳しくはこちら 

ネコの場合、混合ワクチンは2ヶ月令以上になってから3週間隔で2回接種して、翌年からは年1回追加接種します。
猫用ワクチン詳しくはこちら 

ワクチン・予防薬の種類(犬用)
  予防する感染症 接種する時期
フィラリア
予防薬
フィラリア症 6月~11月の期間、月1回投与
(北海道の場合)
蚊の活動開始1ヶ月後から
活動終了1ヶ月後まで
料金はこちら 
5種混合
ワクチン
犬ジステンパー
犬アデノウイルス2型感染症
犬伝染性肝炎
犬パラインフルエンザ
犬パルボウイルス感染症
6週令以降1回目

3週間隔で2回目

その後、年に一回追加接種

料金はこちら 
8種混合
ワクチン
犬ジステンパー
犬アデノウイルス2型感染症
犬伝染性肝炎
犬パラインフルエンザ
犬パルボウイルス感染症
犬コロナウイルス感染症
犬レプトスピラ感染症(2種)
狂犬病
予防接種
狂犬病 3ヶ月令以降で接種
その後、年一回接種
(法定ワクチン)
    ページトップへ戻る
主な感染症等の説明
フィラリア フィラリア(犬糸状虫)は蚊の媒介により犬の心臓や肺の血管に寄生し、
血液中の栄養分を吸って生きている、 そうめん状の長さ17~28センチの
寄生虫の名前です。
フィラリアの寄生により心臓・肺はもちろんのこと肝臓・腎臓などにさまざまな異常をきたすようになります。
犬ジステンパー 感染力が非常に強く、子犬、成犬を問わず死亡率が高い病気です。
症状は、発熱、咳、目やに、鼻水が出てきて元気、食欲がなくなり、
嘔吐や下痢もします。
犬アデノウイルス2型
感染症
アデノウイルスによる感染症で、1型、2型の2種類があります。
1型の症状は、発熱、元気、食欲がなくなり、嘔吐や下痢もします。
2型の症状は、発熱、くしゃみ鼻水、肺炎や扁桃炎など呼吸器病を
起こします。
犬伝染性肝炎 アデノウイルス1型の感染によっておこる伝染病です。
感染ルートは排泄物より移るといわれています。
症状は発熱、元気、食欲がなくなり、嘔吐や下痢もします。
症状が進むと急性肝炎をおこし死に至ることもあります。
犬パラインフルエンザ パラインフルエンザウィルスによる呼吸器系の病気です。
症状は咳、鼻水、扁桃炎、気管支炎や肺炎を起こします。
人間のインフルエンザとは異なり、人への感染はありません。
また逆で犬から人への感染もありません。
犬パルボウイルス感染症

パルボウイルスによる急性伝染病です。
激しい嘔吐嘔吐や下痢をします。
食欲がなくなり急激に衰弱します。
子犬にとっては死亡率の高い恐ろしい病気です。

犬コロナウイルス感染症 発熱、嘔吐や下痢をします。しばらくして血便などの症状も現れます。
パルボウイルス感染症と症状が似ているため、判断が難しいですが、
犬パルボウイルスと一緒に感染すると、症状は一層重くなります。
犬レプトスピラ病

犬レプトスピラ病は、カニコーラ型/黄疸出血型の2種類があります。
レプトスピラという細菌が原因で、肝臓や腎臓がおかされる伝染病です。
症状は歯ぐきの出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱・嘔吐・下痢を起こすカニコーラ型が代表的です。家畜の尿などが感染源になります。
また人間にも感染する可能性があります。

  ページトップへ戻る
ワクチンの種類(猫用)
  予防する感染症 接種する時期
4種混合
ワクチン
猫ウィルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症候群
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
生後2ヶ月頃から接種。
当院では初回ワクチンとして使用します。
1回目の後、約1ヶ月後に2回目を接種し、
その後は年に1回接種。
料金はこちら
    ページトップへ戻る
主な感染症の説明
猫ウィルス性鼻気管炎 ヘルぺスウイルスによる感染症で、ひどいクシャミ、セキ、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こします。
高熱で食欲がなくなり、鼻水と涙で顔中クシャクシャ、典型的なカゼの症状がみられます。
猫カリシウイルス感染症候群 かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性気管炎にたいへんよく似ています。症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができることもあり、また、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。
猫汎白血球減少症 白血球が極端にすくなくなる病気でパルボウイルスが病原体。
高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状となります。
体力のない子猫などはたった一日で死ぬこともあるこわい病気です。
猫白血病ウイルス感染症 持続感染すると80%が以内に死亡します。
白血病やリンパ種などの血液ガン、貧血、流産などを起こします。
病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるため、いろんな病気も併発しやすくなります。
感染してから発病までの期間がたいへん長く、その間は見かけ上健康にみえますが、ウイルスを排泄し、他の猫へうつします。
  ページトップへ戻る

石狩市にあるどうぶつ病院 |ほし動物病院
石狩市花川北2条1丁目5-77 TEL:0133-72-1172
犬の美容室プチ
診療案内 予防接種等 手術・歯石除去 健康相談 各種料金 ごあいさつ アクセス